宅配水は家庭や職場はもちろん、災害時などの色々な場面で使える

水筒の種類

環境に優しい水筒とは何か

近年では例年稀に見る様々な異常気象が報告されており、義務教育の中でも夏場は小まめな水分摂取が推奨されています。 一昔前の運動部では、喉が渇いた時に水を飲むのは精神の堕落と考えられていましたので、場合によっては水分摂取が行なえない部活もありました。 一方近年は夏場の気温が稀に見る暑さになる事もあり、義務教育の現場で子供達が熱中症を起こし、病院に運ばれるケースも後を絶ちません。 運動部のお子様だけでなく、夏場にお子様が外出する際は必ず水筒を持参させるようにしましょう。 近年の水筒には多様な種類が販売されていますので、デザインだけでなく性能も考えて良い一品を選ぶようにしましょう。 例えば、ボトル部分をアルミ製品として捨てられる水筒もありますので、エコ意識の高いお宅ではこうした水筒を購入すると良いでしょう。

タンブラーの種類を知る

近年人気を博している「水筒」と言えばタンブラーが挙げられます。タンブラーは元々コーヒーを入れるために開発されたものですが、最近では多様な飲み物を入れるために作られたタンブラー型水筒がカフェや雑貨店で販売されています。 タンブラーはスタイリッシュでシンプルなデザインが老若男女にとって使いやすく、幅広い世代から支持を集めています。 タンブラー型水筒を購入して外に持ち運ぶ場合、できるだけ曲線形ではない水筒を選ぶと良いでしょう。曲線のタンブラーは倒れやすく、ともすれば危険です。 タンブラーは元々コーヒーカップとして開発されたものですから、カップ型の商品は水筒とは少々異なるのです。 近年は外に持ち運んでも安全な円筒型のタンブラーも販売されていますので、こうした商品を購入すればより安全に使用する事ができるでしょう。